2018.02.01

初めてのスキー、服装について

初めてスキーのお越しの場合、何を着るのかわからないと思います。
そんな方向けに服装のイメージをお伝えしますので、少し参考にして下さい。


お越しの時は暖かい普段の服装で大丈夫です。
アウターを選べるのでしたら、雪の付きにくい素材がいいです。
靴は少しでも長い方が雪が靴に入り難いですが、スニーカーの方も多いです。


スキーの時は発熱のインナーの上下があると便利です。
ウェアーの下には、スウェットのように動きやすく伸縮するものが良いです。
さらに春スキー以外は、寒い時用にフリースかウィンドブレーカーも必要です。
インナー+スウェットなど+フリースなどを天気により組み合わせてウェアーを着ます。

防寒にはネックウォーマーが便利です。
暑くなるとゲレンデでもはずせて、首回りで暑さの調整しやすいです。
また、マスクのように覆うと日焼け止めにもなります。
ネックウォーマーがなければ、スポーツタオルや短めのマフラーでも大丈夫です。

ソックスは長めのスポーツタイプがベストです。
あまり厚すぎるものや、くるぶしまでの短いものはおススメしません。
脛当ての周りはブーツで絞めますので、脛までソックスがあった方が当たって痛くなりにくいです。インナーなど脛当ての周りでしわになると、ブーツが当たって痛くなりますので気を付けましょう。
毛糸のソックスのように、あまり厚すぎるとブーツの中で足が動いてしまい疲れます。
スポーツタイプのサポートのあるものがベストですが、なければ普通ソックスでも大丈夫です。

ニット帽(またはヘルメット)とゴーグルは防寒と安全のために必要です。グローブも含めレンタルでも揃います。



最初から専用に揃えなくても、あるものを利用してください。
そして必要なものがありましたら、徐々に揃えたら良いと思います。

たまにはスキーショップにも出かけてください。いろいろなものがあり、見に行くのも楽しいです。






白馬バレー 栂池高原 リゾートインヤマイチ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとによく読まれている記事

PAGE TOP
ご予約・お問い合わせはこちら
MENU CLOSE
お問い合わせ・ご予約はこちら
受付時間 8:00~22:00