2018.03.19

JR東と西の境駅

ここJR南小谷駅は松本駅から糸魚川駅を結ぶ大糸線の途中にあり、南小谷から松本まではJR東日本、 糸魚川の間はJR西日本なので境の駅です。

なぜ大糸線の途中の駅、しかも小さな村の駅が新宿発の特急あずさの終着駅かというと、ここから糸魚川間は電化されていないのでディーゼル列車になります。なので電車は南小谷が終着になり、乗り換えて日本海方面に向かいます。

山の中の谷間を抜けるディーゼル列車は、地元の私たちでも目で追ってしまいます。
鉄道には電線がなく、姫川沿いに山の中を1両で走る姿はすこし健気に見えます。

鉄道や写真が好きな方が良く撮影をしていますが、乗車しても情緒がありちょっとした旅を楽しめます。

秋にヤマイチに宿泊のお客さんが、糸魚川までの列車の旅に行ってきました。
大糸線をディーゼル列車に乗ることと、姫川の河口の海岸で石を探すことが目的で楽しんでこられました。

こんなのんびり旅もいいですね。





hakuba valley 栂池高原 リゾートインヤマイチ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとによく読まれている記事

PAGE TOP
ご予約・お問い合わせはこちら
MENU CLOSE
お問い合わせ・ご予約はこちら
受付時間 8:00~22:00