2018.04.23

こごみと叔父と昔話

私の叔父がこごみを届けてくれました。
この暑さで急に伸びたからと、山の中から採ってきてくれました。
田舎ではおすそ分け文化が残っていますが、今回の量は出荷並みの量です。

一部は干して保存します。





70代後半の叔父とお茶を飲みながら話をしました。
ヤマイチの一枚板カウンターの話から、叔父の経験した話しになったのです。

山から欅の木を伐り出して自宅の材にしていたこと。
板にしてからの木の乾燥のさせ方。
当時小学5、6年生になると、雪山から9尺に切った木をソリで運び薪にしたこと。
杉の葉をソリにして学校に通ったこと。
サンマは目に尾を通して輪にして焼いたこと。骨も頭も食べていたこと。
“灰っころがし”(今のおやき)は少々の灰は気にせず食べていたこと。
お正月の御馳走用に、どの家でもウサギや鶏を飼っていたこと。
雪山でのヤマドリの捕まえ方、などなど。

昔の話は物語のようになることがありますが、叔父は理由や理屈も話してくれました。
捕獲の今ではチョット過激な話も、楽しかった話も、大変だった話も、穏やかで優しい口調で話すのです。

先達から教わることが多いです。


hakubavalley 栂池高原 リゾートインヤマイチ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとによく読まれている記事

PAGE TOP
ご予約・お問い合わせはこちら
MENU CLOSE
お問い合わせ・ご予約はこちら
受付時間 8:00~22:00