2018.05.11

田園の風景

今日の栂池の風景です。
冬は一面雪の平野ですがその下は田園なのです。

田越しが終わり、山からの水も引いて田に入れました。
水を張った田んぼで土と混ぜる代掻き(しろかき)が始まります。

白馬の由来になった「代掻き馬」の雪形も見えてきました。
写真中央の白馬岳の右下に、左を向いている馬の上半分が見えます。
昔の人は、代掻き馬の雪形が見えると代掻きを始める目安にしていました。

「代掻き馬」→「しろうま」→「白馬」となったので、山は白馬(しろうま)岳と呼びます。
地名は「はくば」で間違いありませんが、近頃は「HAKUBA」として海外のお客様にも認知されるようになってきました。



スキー場はG.Wで終了し、栂池自然園のパノラマウェイも6月1日の開園まで運行しないので、今はお客様は少ないです。
しかし今日も絵を描かれる方、写真を撮られる方など、残雪のアルプスを見に来られる方がいらっしゃいました。

この時期の白馬の景色はきれいです。


hakubavalley 栂池高原 リゾートインヤマイチ

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとによく読まれている記事

PAGE TOP
ご予約はこちら
MENU CLOSE
お問い合わせはこちら
受付時間 8:00~22:00