2019.02.12

おたりのぼろ織り体験


ここ小谷村には昔から“ぼろ織り”と呼ばれる織物があります。
古着などの生地を再利用して機織り機で織るのです。

我が家にも古い機織り機があり、ぼろ織りのこたつ掛けなどが日常の中にありました。
厚くて実用的なものが多く、ちょっと地味な色のものが多かった気がします。
しかし私は実際に祖母が織っている姿を見た記憶がありません。

昔ながらの真っ黒な機織り機は、今では倉庫の奥で眠っています。





近所の親戚の叔母は今でもぼろ織りを作っています。

昔ながらの作り方にこだわりながら、美しく織り上げることができるのは職人技です。

どれも昔のぼろ織りのイメージとは違い繊細できれいな作品で、一本一本解いた糸から組み合わせられた隙間や模様は、どのくらい手間暇がかかっているのか想像もできません。

ヤマイチにもおばさんの作品が飾ってありますので、お越しの際はご覧になって下さい。(写真を撮り忘れてしまいました)







親戚のおばさんのお宅には可愛い作品も飾ってあります。


バックやポーチ、ペンケースなど実用的なものもあります。


以前、県下の大型のお店でぼろ織りのバックが売られているのを見ました。それは一部にぼろ織りを使ったものでしたが、かなり高額な値札がついていました。
沢山作る場合そのように一部にしか使わなくなってしまうのでしょうね。

ここにあるものは全てぼろ織りで織られた、こだわりの物ばかりです。
どこにも展示していませんが、一部の作品を除き譲ってくれるそうです。






せっかくの文化と技術そして道具があるので、皆さんに体験していただけないものかと考えていました。
製作中は結構な日数がかかるので、急だと機織り機を空けて縦糸の準備をするのは難しいそうですが、予め連絡をいただければ大丈夫だそうです。

この機会にぜひ小谷村の文化に触れて下さい。
手軽にできる物になりますが、記念の作品もお持ち帰りできます。
もう一つのおススメは、この機織り機のある家からの景色がきれいなのです。
雪国の景色の中でのんびりとぼろ織り体験
具体的な体験プランはまだ設定していませんが、人数や時間などにより相談して決めたいと思いますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
リゾートインヤマイチ 0261-83-2103

また、購入に興味のある方もヤマイチにお問い合わせ下さい。

おたり村の文化に興味を持っていただけると嬉しいです。



hakubavalley つがいけ高原 リゾートインヤマイチ


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとによく読まれている記事

PAGE TOP
ご予約はこちら
MENU CLOSE
お問い合わせはこちら
受付時間 8:00~22:00