2019.04.23

野火つけ

毎年、鐘の鳴る丘ゲレンデでは野火をつけて枯草を燃やします。

昔から萱場など管理のため燃やすので、この時期のスキー場周辺では炎が上がっている事があります。

 

消防団も待機して万全の態勢で行っていますが、風で炎が大きくなる時はちょっと緊張します。

炎の後は真っ黒です。

ここから新しい萱の芽が育つのです。

 

ゴンドラ付近にも煙が漂っていました。

乗車中のお客様は驚いたかもしれませんが、申し訳ございません。

 

近頃は野焼きをする所が少なくなっているそうです。

ある蝶は野焼きの後が生息の環境に適しているそうで、全国にいたその蝶は今では天然記念物になりました。
その天然記念物の蝶もここ栂池にいます。

この野火が生態を守っているとは、ちょっと不思議な気がします。


今年も野火つけが無事に終わりました。

 

 

hakubavalley つがいけ高原 リゾートインヤマイチ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとによく読まれている記事

PAGE TOP
ご予約はこちら
MENU CLOSE
お問い合わせはこちら
受付時間 8:00~22:00