2019.09.11

事務の愛用品

倉庫には昔の帳面と一緒に古いそろばんがあります。

かやぶき屋根の “民宿山一館” 時代の物は、建物を壊すときに殆ど処分してしまいました。

処分の片付けをしている時、私には5つ玉のそろばんが珍しかったので残しておいたのを覚えています。

きっと明治生まれの祖父が使っていたものだと思います。

このそろばんを使って、山一館の精算をしたり帳簿を付けたりしたのでしょうか。

愛用品だったかもしれません。

 

 

私の愛用品はこのカシオの電卓です。

こだわりがあって使用しているのではなく、父が事務用に使っていたのでそのままフロントの机で使っています。

年季が入っていますが、使い勝手がいいので今では相棒です。

 

数年前ですが、ノベルティで電卓をもらったいました。

お客さんに貸すこともあるので「新しい方が良いかな」と思い、フロントの事務机に置いたのです。

見た目は安っぽいですが、画面が大きくてカジュアルな感じの電卓でした。

しかし、使ってみるとイマイチしっくりきません。

押した感じとか表示の感じが違うのです。

やはり相棒の方が良かったので、それからはずっとこの電卓を使っています。

 

 

ところで、5つ玉のそろばんはどのように使うのでしょう?

 

 

hakubavalley つがいけ高原 リゾートインヤマイチ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとによく読まれている記事

PAGE TOP
ご予約はこちら
MENU CLOSE
お問い合わせはこちら
受付時間 8:00~22:00