2020.02.28

スタッフ君の馬の背チャレンジ

写真は3階の窓からの様子です。
この時には雲が出てきましたが、朝は快晴の空と白くなった木々と朝日で、とてもきれいだったのです。

 

朝、スタッフ君たちと「今日のゲレンデは最高だね~」と話しをしていました。
2人ともスノボを練習中で、休憩時間はほぼ毎日滑りに行っているのです。

「今日は良さそうだから馬の背(コース)に行って来たら?」と、スタッフ君に提案したのです。
雪が良いので滑りやすいこと、景色を見てもらいたかった事と、そしてその後の上達につながると思ったからです。

 

 

そしてゲレンデから帰ってきたスタッフのヨッシー君は、今までに無いほど疲れ果てた表情で帰ってきたのです。
「もう馬の背は行きません…」と言いながら。

ヨッシー君は午前中に一人で馬の背コースに行ったのです。
自信が付くかと思ったのですが、喪失してしまいました。
考えたら彼らの技術レベルをよく知らなかったので、簡単に言ったことを少し反省しています。
ゴメンねヨッシー君。

 

でも、ちゃんと写真を撮って送ってくれたのです。

 

ゴンドラ栂の森駅から見た栂の森ゲレンデです。

山頂は雲がかかっていたのですね。

この栂の森ゲレンデの上部から馬の背コースに向かうのです。

 

今日は馬の背オープン。条件が悪いと閉鎖されるのです。

馬の背コースは全く混んでなく、所々に人がいる程度だったそうです。

 

 

「写真ではこの急斜面が伝わらない」と残念そうに言っています。

そうです、実際に上に立つと絶壁のように感じるのです。

「どのように滑ってきたのかわからない」と言うほどコブにも苦労したようです。

 

 

斜度やコブもそうだけど、この狭い通路が怖かったそうです。

特にスノボの場合、幅が狭いコースは怖いですね。

 

 

狭い通路を渡って正面に出ると、この景色が広がるのです。

ここは旧ぶなリフト下り場の付近ですね。

ぶなリフトと、その上のしゃくなげリフトからの景色は栂池で一番きれいでした。
シングルリフトで、しかも片側が谷なのでスリルのあるリフトだったのです。
また復活してほしいリフトのナンバーワンですね。

 

この時間の景色は少し霞んでいますが、きれいです。

そして、いつもより山が黒っぽいのが迫力を感じますね。

 

 

白樺コースまで下りてきました。

いつものコースまで下りてきたのでホッとしたね。

お疲れ様。

懲りずにいろんなコースを楽しんでね。

 

 

hakubavalley つがいけ高原 リゾートインヤマイチ

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとによく読まれている記事

PAGE TOP
ご予約はこちら
MENU CLOSE
お問い合わせはこちら
受付時間 8:00~22:00