2019.11.11

野沢菜漬け

野沢菜(方言でお菜、菜っ葉)を漬けることを「お菜漬け」と言います。

同じ地域でも各家により漬け方が違い、それぞれの家庭の味があるのです。

 

私が子供の頃は祖母がお菜を漬けていました。

その後母が漬けるようになり、今は家内がヤマイチの味を受け継いでいます。

 

 

隙間なく並べた野沢菜は1つの桶に8束入りました。

漬物石を乗せて沈んだ分の野沢菜を毎日足していくのですが、最後は20束以上のお菜が入るのです。

 

 

お菜を洗って足していきます。

塩漬け以外でも漬けていて、今年は4通りの漬け方で野沢菜を漬けます。

 

昔は百数十束の野沢菜を収穫して漬けていましたが、今ではその時の1/3のお菜で足りるのです。

当時と宿泊の人数が違いますが、皆さん野沢菜や漬物をあまり食べなくなりましたね。

我が家では必ず食卓には何種類かの漬物が並んでいて、相変わらず漬物をよく食べています。

私も大人になるにつれて漬物が美味しくなってきました。

 

今年のお菜は良い出来です。

美味しい野沢菜漬けができますので、是非味を見て下さい。

 

hakubavalley つがいけ高原 リゾートインヤマイチ

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとによく読まれている記事

PAGE TOP
ご予約はこちら
MENU CLOSE
お問い合わせはこちら
受付時間 8:00~22:00